軽井沢マリオットホテル・ノースウィング。温泉付き客室の宿泊記(2018年)




2018年4月。軽井沢マリオットホテルのノースウィングにある「温泉ビューバス付プレミアルーム」に宿泊しました。

2017年7月末にオープンしたこの「ノースウィング」は全56客室すべてにプライベートの温泉が付いています。

部屋で気軽に温泉を楽しめるというのは、気分の良いものです。非常に快適な滞在でした。

この記事では、僕が宿泊した軽井沢マリオットホテル・ノースウイングの客室についてまとめています。

<スポンサーリンク>

軽井沢駅からの送迎シャトルバスについて(無料)

今回、僕は電車で軽井沢駅に向かいました。期間が決まっているようですが、軽井沢駅からマリオットホテルまでシャトルバスが運行されていたので、僕はそれを利用しました。

シャトルバスというよりかは、普通の乗用車でした。マリオットのロゴが入っているのですぐにわかるはずです。

マリオットの送迎車が来る軽井沢駅南口付近

送迎は無料。軽井沢駅南口出発で約15分ほどでホテルに到着しました。

軽井沢駅以外にも、軽井沢駅からしなの鉄道で1駅隣の「中軽井沢駅」からもシャトルバスが出ているようです。

バスのタイムスケジュールは変動がよくありそうなのでここでは載せません。予約の際に軽井沢マリオットホテルへ直接問い合わせてみてください。

 

チェックイン・ロビー(ノースウィング)

ノースウィングのロビー

ノースウィングのロビーは非常に広々とした空間。入口すぐ横にはセルフのウェルカムドリンクが置いてあります。

ホテルの館内、朝食などについての説明が一通りが済むと、部屋まで案内してもらいました。

ノースウィング2階の廊下

ちなみに、メインウィングはこちら

 

客室の種類について

軽井沢マリオットホテルの客室は全部で6種類。

・モデレートルーム(33㎡)・メインウィング

・スーペリアルーム(33㎡)・メインウィング

・和室(33㎡)・メインウィング

・温泉ビューバス付プレミアルーム(39㎡)・ノースウィング

・温泉露天風呂付プレミアルーム(39㎡)・ノースウィング

・スイート(71㎡)・メインウィング

赤字が今回僕が宿泊した客室です。

宿泊した客室は「温泉ビューバス付プレミアルーム」(39㎡)

ノースウィングは2階建で、1階が温泉露天風呂付プレミアルーム。2階が温泉ビューバス付プレミアルームとなっています。

今回、僕が宿泊したのは2階にある温泉ビューバス付きプレミアムルーム。

入口を入ってすぐ横に洗面所、トイレがありました。

アメニティのブランドは「THANN」

そして、クローゼットのスペースは少し広め。冬用のコートも楽々入るスペースです。

クローゼットの下にある引き出しには部屋用の浴衣が入っていました。

チェックイン時の館内説明で、この浴衣は部屋でのみ着用で、これを来て外へ出ないようにとの説明を受けました。

写真にはありませんが、さらに引き出しの下にはスリッパが用意されていました。スリッパも同様に客室のみです。

その横にあるミニバーにはコーヒー、緑茶、ケトルなど。冷蔵庫の中には何もありませんでした。

リビングルームは低いテーブルとイス。そして、大きいテレビがありました。その横にはベッド。後ろには温泉。

温泉の脱着所にはバスタオル、バスマットが用意されています。

浴槽手前にはシャワー。

シャワーに設置してあるアメニティのブランドも「THANN」

そして、こちらが温泉。

24時間お湯を循環させているそうで、客室内には常にお湯の音が響きます。

もし、音が気になるようだったら、フロントに言えば止めてくれるとのこと。

再度お湯の循環を始めて1〜2時間ほどでまた入浴できる状態に戻るとの説明を受けました。

 

カクテルタイム(ラウンジの代わり)

これは、マリオットホテルのゴールド会員・プラチナ会員のみの特典ですが、17時〜22時までメインウィングにあるグリル&ダイニングGにてカクテルタイムというものが行われています。

時間内であれば何度でも入退場可能。

ダイニングに設置してあるワイン・ウイスキー・ビールなどのアルコール類。それからソフトドリンク。おつまみ類がすべて無料で楽しむことができるサービスです。

本来、マリオットのゴールド会員以上であれば、専用のラウンジを利用できるのですが、軽井沢マリオットホテルにはそのラウンジがないので、代わりにこういったカクテルタイムというのを用意してるのかと思われます。

ちなみに、夕食の会場もここです。僕はすでに軽井沢駅近くにあるアウトレットのフードコートで食事をしていたので、夕食はパスしました。

 

朝食

軽井沢マリオットホテルの朝食は7時〜10時。料金は3500円。

会場はカクテルタイム・夕食と同じグリル&カクテルG。

和食、洋食の両方を取り入れていたので、その時の気分でどちらにするか決めることができるでしょう。

また、長野県ということで信州そばもセルフサービスで用意されていました。

 

ホテル情報

宿泊したホテル:軽井沢マリオットホテル

宿泊した客室:温泉ビューバス付プレミアルーム

ホテルチェーン:マリオット・インターナショナル

ホテルの住所:〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町長倉4339

 

<スポンサーリンク>

リゾートバイトに関するブログも運営しています→https://resort-shigoto.com

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro.oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)