ラオス→カンボジア陸路国境越え!シーパンドンからシェムリアップまで車・船で移動しました。

東南アジア最後の秘境と言われているラオス・シーパンドンからアンコールワットで有名なカンボジア・シェムリアップまで船と車で移動しました。

今回は、ラオス→カンボジアと国をまたいだので結果として陸路国境越えとなったので、その様子を記事にまとめてみました。

ちなみに、シーパンドンへはラオス南部最大の都市パクセーから陸路で移動したので、その様子も別記事にまとめています。

>>パクセー→シーパンドン(ドンデッド島)へ車と船で移動しました!

<スポンサーリンク>

シーパンドン→シェムリアップの移動の要点

シーパンドン(ドンデット島)→シェムリアップの通しのチケット

所要時間

シーパンドンからシェムリアップまでの所要時間は約12時間です。陸路移動なのでかなり前後すると思いますが、おおよそ12時間程度と見ておけば問題ないでしょう。

料金

今回はシーパンドンのドンデット島でシェムリアップまでの通しのチケットを購入しました。

料金は280,000kip。日本円で約3,500円です。

移動の簡単な流れ

ドンデット島からナカサーンという街まで船で向かいます。約20分。

ナカサーンから国境まで車で移動。だいたい2時間くらい。

国境からシェムリアップまで車で移動。約7時間。

国境で出入国の手続きや、国境を超えた後のカンボジア側での車を待つ時間が約2時間くらいでした。

シーパンドン(ドンデット島)→ナカサーン

ドンデット島からナカサーンまでは船での移動です。こんな感じの小さめの船で20分ほどの移動です。ちなみに出発は8時。

船は結構小さい。人によっては怖いと感じるかも

ナカサーン→国境

ナカサーンから国境までは乗合バスのような乗り物で行きました。僕が訪れた時期(9月)は閑散期らしく、この日も客が少ないということで乗合バスになったとのこと。繁忙期はきちんとした車が手配されると聞きました。

車内?の様子

ラオス側の国境

ちなみに、到着時間は忘れましたがカンボジア側の入国審査を終えた時に10時くらいだったと記憶してます。

ラオス出国審査→カンボジア入国審査

ラオスの出国審査はただイミグレでスタンプを押してもらうだけです。と思ったのですが、2ドル取られました。理由はよくわからないのですが、周りの人みんな事前に用意してたのでおそらく払うものなのでしょう。

ラオス側の出国審査

すると、近くにいた謎のおじさんにカンボジアのビザ用紙をもらいました。

そして、そのおじさんにビザ代$30を払い代わりに取ってもらうことになりました。

こういうのって大体はぼったくり料金を請求されるのがオチなのでかなり警戒していたのですが、実際には正規料金の請求だったのでただの良いおじさんだったということでしょう。

カンボジア側のイミグレ

歩いてカンボジア側のイミグレに向かいました。イミグレ前に着くと既に謎のおじさんがビザをもらっていて、僕はただそれを受け取って入国審査に向かうだけでした。

カンボジア側の国境で車待ち

カンボジアの入国審査を終えたのは10時20分頃。付近のお店が集合場所になっていました。

ここが集合場所で、シェムリアップへ行く車を待っていた。

結局、車が来たのは11時40分頃。1時間半くらい待つことになりました。

国境からシェムリアップへ向かう車は10人乗りの車でした。

国境→シェムリアップ

国境を出発したのは11時40分頃。シェムリアップについたのは19時半頃。約8時間の移動となりました。

道中で休憩は何度かありました。多分、ドライバーに言えば道中でもトイレのあるところに止まってもらえると思います。

シェムリアップの中心部にバスが到着し、トゥクトゥクが寄ってきました。

どうやら、トゥクトゥクの料金もバスの運賃に入っていたようで無料で予約していたホテルに送ってくれました。

ツアーの勧誘が激しかったのですが、そこは無視すれば問題なしです。

ホテルへ向かってくれたトゥクトゥク

 

Youtubeでも紹介しています

シーパンドン→シェムリアップの移動はYoutubeでも紹介しています。よかったらこちらもご覧ください。

その他シーパンドンに関する動画も作っています。

<スポンサーリンク>