【陸路移動】シェムリアップ→プノンペンをミニバスで移動してみた!

アンコールワットで有名なシェムリアップからカンボジアの首都であるプノンペンまでミニバスで移動しました。この記事ではそのことについて書いています。

ちなみに、シェムリアップからプノンペンまでは車・飛行機・船という3通りの交通手段があり、その中でも一番安いのは車です。

今回はシェムリアップで長居している日本人経営の宿「The City Premium Guesthouse」で手配してもらいました。

<スポンサーリンク>

シェムリアップ→プノンペンのミニバス移動の概要

シェムリアップからプノンペンに行くバスはたくさん種類があります。僕がここで紹介している旅行会社はそのうちの1つというだけであって、他にも色々会社があります。

多分、今回僕が利用した旅行会社は料金設定高めで、なおかつ快適度も高めの会社です。安さ重視という方は他の旅行会社のバスを使った方がいいと思います。

料金

料金は片道$13。これより安いバスはありますが、快適さを求めるならこれくらいがいいかも。

所要時間

僕が利用した時は5時間半でした。5~6時間と見ておけばいいかと思います。

利用した旅行会社

Virak Bentham Express Travel&Tourという会社です。

シェムリアップ→プノンペン陸路移動当日の流れ

9時頃に宿にピックアップ(の予定だった)

10時にシェムリアップを出発ということで、9時に宿にピックアップが来るというお話でした。しかし、来たのは9時40分。まぁ、こんなもんでしょう。

ピックアップを待っている。

40分遅れでピックアップが来た。

10時に出発(定刻通り)

ピックアップがミニバスの乗り場である旅行会社前まで連れて行ってくれました。

予約した旅行会社

ピックアップは40分遅れでしたが、出発は定刻通りの10時でした。さすがVIP Vanですね!

今回利用したミニバス

車内の様子

昼休憩

途中で昼食の休憩がありました。とはいっても昼食は各自でお金払って食べる形式です。(VIP系の移動手段だと昼食も乗車賃に含まれていて、無料で食事ができるところもあったりします。)

僕は食べなかったのですが、30分ほどの休憩時間だったので十分に食べる時間はあります。

休憩地の外観

屋台

レストランの様子

川沿いの休憩地

レストランの横にはコンビニもありました。

昼食タイムを終えて出発

昼食時間を終えて再度出発。

トイレ休憩

トイレ休憩

昼食の後、トイレ休憩が一度だけありました。

15時半にプノンペンに到着

15時半頃に無事に到着。到着地はリバーサイドエリアです。

所要時間は5時間半。ほぼ定刻通りでした。

Youtubeでも紹介しています

今回のシェムリアップ→プノンペンの陸路移動はYoutubeでも紹介しています。よかったらこちらも参考にしてみてください。

その他、カンボジアに関する動画をいくつか作ってるのでよかったらこちらもどうぞ!

<スポンサーリンク>