【リゾートバイト体験談】上高地で4ヶ月半、住み込みでホテルのレストランにて接客として働きました。上高地で働くメリット・デメリットもまとめています

2019年4月中旬から8月末までの4ヶ月半の間、長野県の上高地でリゾートバイトをしてきました。仕事内容はホテル内にあるレストランの接客業務です。

上高地といえば、国立公園内に位置していてマイカー規制をしているほど環境整備に力を入れているところでもあります。

そういったこともあり、自然好きな方にとってはこのような環境下で働けることそのものに幸せを感じる方もいるでしょう。

僕が働いたのは、上高地のシンボルでもある河童橋の目の前に位置する家族経営の高級ホテル(と言えば分かる人はわかるw)です。

この記事では実際に上高地で4ヶ月半働いてみて感じたことを、これから上高地でリゾートバイト を検討している方に向けて参考になるようにまとめています。

<スポンサーリンク>

上高地でリゾートバイトをするメリット

とにかくお金が貯まりやすい

上高地におけるリゾートバイトの最大のメリットはお金が貯まりやすいということでしょう。

上高地は国立公園内に位置するので周辺には本当に何もありません。外食といっても観光客向けの高い飲食店のみ。

ということもあり、上高地の各ホテルは従業員向けに1日3食の食事と寮を用意しています。コンビニなんてのもありませんから、ちょっとしたものを買いに行くのも不可能なのです。

なので、本当に1円も使わずに滞在することも可能です。実際にはAmazonなどのネット通販が使えるので、僕はよくお酒を箱買いして飲んでましたが。

気軽に山に登ることができる

上高地へ旅行で来る人といえば山に登りに来る人が多いでしょう。なんせ上高地を拠点に登る山は、日本の屋根と言われてるくらいですからね。

上高地を拠点として日帰りだったり数泊程度の旅程を立てて登る人もいます。

上高地でリゾートバイトをするということは、ホテルが用意した寮すなわち上高地に住むことになります。ホテルに隣接してる寮に住むことになるのですが、休日なんかは日帰りで山に登りに行くことが可能なのですよ。

僕は休日に焼岳・蝶ヶ岳・西穂高岳に登りました。また、中抜け時間に明神池や大正池くらいだったら行くこともできます。(ただし、残雪の影響で山に登れるのは6月末~9月末くらい)

焼岳山頂にて

蝶ヶ岳山頂にて

西穂高岳山頂にて

ネット環境完備!

リゾートバイト先でネット環境がある職場というのは、実はこのご時世にも関わらず意外と少なかったりします。特に旅館で寮にネット環境がある求人は非常に少ないですね。

僕が働いたホテルではスタッフ用のネット回線があり、自由に使うことができました。スピードもやや遅い時間帯などはありますが、動画も観れますし特に問題はないと言えるでしょう。

僕が働いていた2019年から上高地にも光回線を導入したようで、どのホテルでもネットが使えるようです。(聞いた話ですが・・・)

 

上高地で働くデメリット

街に出るにも一苦労。お金と時間がかかる

上高地で働いてると休日は特にやることがありません。山好きな人であれば山に登ればいいでしょう。周辺を散策するするだけでもいい休息になります。

とはいえ、やはり街に行って遊んだり買い物をしたいとなるとこれはとても面倒。ちなみに、上高地から気軽に行ける街といえば長野県松本市になります。所要時間は片道2時間ほど。

上高地で働くと、上高地内で使える社員証をもらえるのですが、それを使うと上高地ー松本間を往復2000円で行くことができるのです。ざっくりと半額以下といったところ。人によっては休みの度に松本へ行く人もいたりしますよ!

あとは気軽に行ける場所として岐阜県の高山になります。こちらも所要時間2時間ほど。往復5000円くらいかかるので、料金的には気軽ではありませんが…

いずれにしろ、上高地から街に出るにはお金と時間がかかります。

松本といえば松本城

昔ながらの街並みが売りの高山

働く期間が限られる

上高地はそもそも春から秋にかけてしか空いてません。2019年であれば4/17~11/15まで。これ以外の期間はそもそも特別な許可を持った人以外は入れません。すなわちホテルも営業していないのです。

なので、通年で働きたい!というのはそもそも不可能。そして、ほとんどのホテルでは4月からの営業に向けて人を集めるので、それ以降はあまり求人がありません。

上高地で働きたい場合は2~3月にかけて探すのが一般的となります。

上高地におけるリゾートバイトの仕事内容

上高地で働くとなるとほぼホテルで働くことになるでしょう。それ以外だと、河童橋前のカメラマンくらいですかね。

ホテルでの仕事内容は他のリゾートバイトと変わりません。

仕事内容

・フロント

・レストラン接客

・キッチン

・売店

・客室清掃

といった感じ。これに関しては特に上高地だから!みたいなものはありません。他のホテルと変わらないでしょう。

今までホテルで働いたことがない!という人でも働くことが可能です。というより、そういう人も多かったですよ!

英語を使う機会はあまりない

今回働いてみて思ったのが思ったほど英語を使う機会がありません。というのも、上高地を訪れるのは高齢の日本人。それからツアー団体の中華系の人がメイン。

ツアー団体の中華系の団体には日本語を話す添乗員の方が付いてますし。むしろ中国語を話せる方はとても重宝されるかと思います。英語を使う機会はほとんどありません。

世界中から観光客が集まるという話を聞いていたので、てっきり英語を使う機会があるのかと思いましたが。

ちなみに、以前働いた箱根では仕事中は常に英語ってくらい外国人観光客が多かったです。

>>【リゾートバイト体験談】箱根で3ヶ月間、旅館の和食レストランで接客として働きました

上高地のシーズン

先ほど少し触れましたが、上高地のシーズンは4月中旬から11月中旬です。そして、このシーズンしか上高地のホテルは営業していません。

なので、上高地で働けるのも4月中旬から11月中旬までとなります。

職種を自由に決められるのは毎年営業前の2~3月くらいだという認識でいいでしょう。4月以降は途中でやめた人の穴埋めという形で募集するだけなので、希望通りの職種というのはとても見つけづらいですね。

上高地のリゾートバイトは貯金できるのか?

上高地でのリゾートバイトは貯金できる環境にあると断言できます。

派遣会社を通せば寮費無料ですし、食費も1日3食出て無料。また周辺でお金を使う環境がほとんどない。貯金をする環境としては抜群の環境と言えるでしょう。固定費は完全にゼロです。※直接雇用だと寮費を取られるところが多いです。

貯金目的であれば期間中は上高地にこもって過ごせば給料を丸々貯金に回すことも可能なので、お金は貯まりやすいです。

ちなみに、月あたりどれくらい稼げるのか?というのはホテルによって変わると思うのでなんとも言えませんが、僕が働いてた職場だと25~35万円/月といったところです。派遣会社に聞けば詳しく教えてくれるはずなので、詳しい内情は派遣会社に問い合わせてください。

どういう目的の人が上高地でのリゾートバイトに向いてるか?

上高地でのリゾートバイトに向いてる人は2パターンあります。

山に登りたい人

上高地に住むというのはホテルでの住み込み以外にはありえません。上高地に住むというのは、もはや従業員の特権以外の何物でもないのです。

上高地に住んでいれば休日の度に山に登れますし、山好きにはたまらない環境と言えるでしょう。(ただし、残雪の影響で山登りは6月末から9月末くらいまで)

貯金したい人

何度も触れましたが、上高地のホテルでは1日3食の食事と寮が提供されます。派遣会社を通せばこれら全て無料で提供されます。

その上で、働いてお金をいただけるので、給料を丸々貯金に回すことが可能なのですよ。

リゾートバイトの場合、場所によっては食事は仕事のある日のみだったりそもそも食事は提供してくれないなんて場所もあったりします。

上高地の場合はそんなことしてしまうと周辺にコンビニもスーパーもないので餓死してしまいますw

なので必然的にどの職場も食事は提供してくれるのです。貯金するには最高の環境と言えるでしょう。

上高地でのリゾートバイトの探し方

上高地で働くにはざっくりと2通りの働き方があります。ホテルに直接雇われる方法(直接雇用)と派遣会社を通して働く方法。

僕がオススメするのは派遣会社を通して働く方法です。

直接雇用はいいように使われやすい

直接雇用はすなわち、ホテルと直接契約を結んで働く方法です。これだと何が問題なのかというと、何か問題が起きた時に個人で対処しないといけないのです。

何か問題が起きることでもあるのか?ということなのですが、国内のホテル業界なんてほぼ無法地帯です。法律なんて有って無いようなものですから。

残業代の未払い。給料をちょろまかしたり。事前説明と実際の状況が全く異なったり。理不尽なことをされたとしても個人で対処しなければいけません。

そして、ホテル側も個人でそこまで(裁判で訴えたりなど)しないだろうとタカをくくってます。なので、直接雇用の場合は何かと面倒なことが多いです。

派遣会社を通すことによって面倒ごとがなくなる

派遣会社を通すことによってどういったメリットがあるのかというと、基本的にトラブルは全て派遣会社に丸投げできます。そして、派遣会社と派遣先のホテルでのやりとりになります。

となると、ホテル側としては派遣会社という組織を相手にしなければいけないので、面倒ごとは御免となるんですね。

派遣先で働いてる管理職がよっぽどの無知で無能でない限り、必然的に派遣会社を通して働いてるスタッフに対しては丁重な扱いになります。

なので派遣会社を通して働いててよくあるのが、派遣先が超ブラック体質のホテルなんだけど派遣社員だけは全く関係なくホワイト環境というようなことです。

こういったことからリゾートバイトをするのであれば、派遣会社を通すのが最善と言えるでしょう。

僕が実際に利用したのはグッドマンサービス という派遣会社。

他にも、派遣会社はありますがグッドマンサービスの最大の特徴は「時給が高い(賃金が良い)」ということ。ちなみに、直接雇用より時給が高いことが多いです。

実は同じ職場に派遣されて、同じ仕事をしても、派遣会社によって時給が異なります。

だったら給料の良い派遣会社に登録した方が良くないですか?ということで、僕はグッドマンサービス を利用しました。

上高地ではグッドマンサービス以外にヒューマニックを通して来てる人がいました。が、やはりグッドマンサービスを通して来てる人よりも時給が低かったですね。

どの派遣会社がよいか決めかねている方は、僕が定番の派遣会社4つを詳しくまとめているこちらの記事を参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>